物忘れ

MENU

誰もが起こりうる物忘れのさまざまな原因とは

物忘れは誰もが経験のあるものだと思います。

 

さっきまで覚えてたのに思い出せない事や、思い出せそうなのになかなか出てこないなどよくあります。

 

これら物忘れには、さまざまな原因があります。

 

まず、ストレスがあげられます。

 

ストレスがある時は、集中力や、理解力、記憶力などの能力が衰退するためです。

 

ストレスは、誰にでもあるものですが、たまりすぎると、これらの能力は更に衰退してしまいます。

 

これらを解決するためには、ストレスを改善する他ありません。

 

ストレスの元を突き止め、そのストレスを緩和する方法を考えて、対策してください。

 

次に、認知症があげられます。

 

認知症という病名をしらない人はあまりいないというくらい知られている病気だと思います。

 

具体的な症状は、同じ事を繰り返したり、言葉が出てこなかったり、さっき行った事や、言った事を忘れてしまうといったものです。

 

軽度のものなら、誰にでもあり得るものです。

 

しかし、これらの症状が繰り返されている場合には、認知症を疑ってください。

 

認知症は、高齢者がなりやすいと言われていましたが、最近では、40代でも認知症になる人もいます。

 

わかいからといって、起こらないわけではないのです。

 

ですから、少しでも、おかしいと思ったら、病院で診察を受けてください。

 

早期治療を行う事で、症状を緩和する事ができます。

 

さらに、20代から30代の若年層にみられる記憶障害で、若年性健忘症というものがあります。

 

この若年性健忘症の原因は、パソコンや携帯電話を使用するようになって、あまり脳を使わなくなった事により、脳に刺激が行かなくなった事です。

 

現代のネットワークの進化が招いた病気であると言えます。

 

症状は、物忘れが主な症状です。

 

改善するためには、脳への刺激を与える事が必要となります。

 

考えるということをする事により、脳への刺激へとなるので、改善できます。

 

以上のように、原因は、病気や心的要因など様々なものがあげられます。

 

ですから、症状が出たら、その元を探すことが、改善につながる第一歩です。

 

少しでも物忘れに対する対策をしたい場合は、物忘れサプリメントとしてDHAやEPAなどが含まれたサプリメントなどがあるので、予防や対策として飲み続けてみるのもいいかもしれません。